子どものこころをもち、平和と一致の道具となることができるよう

その道を探さないなら

落ち込んでしまうか自分自身を証したいと思うようになります。

どのようにしたら、この子どものこころを養うことができるでしょうか?

愛だけが、愛を育てます。

いかにして愛するかを学ぶ唯一の道は愛することです。

捧げられた愛が育っていくとき

ことばやしぐさ、身体そのものの中に、

贈り物やこころとこころのまじわりがしみ込んでいきます。

ジャンバニエ

0コメント

  • 1000 / 1000