ラルシュかなの家

ラルシュかなの家体験をご希望の方へ

ラルシュかなの家は、日中9:00~16:00まどい作業所を中心に作業、活動をしています。

3件のグループホームが近くにあり、なかまとアシスタントが住んでいます。

作業のご見学やグループホームに泊まることもできます。


・まどい作業所(日中) 昼食代 500円

・グループホームかなのすまい 1泊2食 2000円

お支払いいただきます。


グループホームの宿泊は空き室があるときとなります。

体験をご希望する方は下記の連絡先に直接御連絡いただきお申し込み下さい。

Tel:054-206-0830

Email:larchekana@s9.dion.ne.jp

 



かなの家への行きかた Access

 まどい作業所 (月~金、8:30~17:00)

421-2114 静岡県静岡市葵区安倍口新田65-5

Google map でみる。

• 公共交通機関をご利用の場合、JR静岡駅北口9番のりば

美和大谷線 足久保団地行き ・美和団地行き・奥長島行きのいずれかに乗ってください。

安倍口郵便局前 下車 (所要時間25分)

バス停の先のひとつめの角を左に入る(徒歩 3分)

• 自動車ご利用の場合、新東名、新静岡ICより10分

Tel : 054-206-0830


かなのすまい つどい (月~金 16:00以降、土、日、祝日)

421-2124静岡県静岡市葵区安倍口新田534-5

Googlemapでみる。

安倍口小学校前 下車(安倍口郵便局の次)

道路の向かい側の白い壁で黒い三角屋根の建物です

Tel: 054-296-5606

Fax: 054-294-8070


ラルシュかなの家の歴史

1978年 静岡市でかなの家は始まりました。

以前の施設で働いていたときに友人から「職員は障がい者を利用しているのではないか」といわれ「そのとおりだが、どうすればよいのか分からない」と答えると、自分たちのところに来て見るようにと勧められました。

行ってみるとそこは廃品回収を仕事とし社会から阻害されている人と共に生活している場だったのです。

その体験のあと、施設法人の援助で、東京で廃品回収を始めることができ、それまで感情がないと思っていた施設入所者が自発的に動くようになりました。

しかし、この廃品回収を仕事として続けるために適当な場所を見つけることは簡単ではありませんでした。

たどり着いた場所が静岡市足久保です。

廃品回収をしながら、障がいをもつ仲間と施設を出た数人の職員、その家族が一緒に暮らす小さなコミュニティができました。

当初は法的に認められず、国からの援助がなかったので、廃品回収で生活を支えていました。なかま(利用者をかなの家ではなかまと呼びます)は仕事もできるようになり、自分で選択できるようになってきました。社会に出て就労するなかまもいました。

ところが、就労は長続きせず、一人での社会復帰はなりませんでした。なかまは確かに自発的に生きられるようになったのですが、効率、能力主義の価値のなかでは、なかまも、アシスタントもむなしさを感じていました。さらに、廃品回収の収入も3分の1に減り経済的にとても厳しくなりました。壁にぶつかったのです。

私たちのもつ価値観から自由になる必要がありました。

そのころ、知人のイエスの小さい姉妹会からジャンバニエの話しを聞きます。同じように知的障がいを持つ人を中心としたコミュニティを作っているジャンバニエと連絡を取り、1986年、神戸のリトリートで、ジャンバニエの生き方と出会います。

「仕事も大切ですが、人間にとってより価値のある、ともに食事をすることに心を向けてください」とジャンバニエはかなの家に伝えました。

それまで、仕事をして自立を目指していたかなの家にとって驚きでした。

そして、さらに驚きだったことは、いのちについて、許しについて、根源的な愛にこたえることについて、障がいを持つ人こそが、障がいを持たない人を導くとジャンバニエは語ったのです。

支援者と被支援者の関係から、相互関係へ変わっていくようにジャンバニエは呼びかけます。このことがラルシュに加盟しようと決めた大きな理由でした。

1991年、ラルシュと出会い7,8年を経て、かなの家の変化を認めてもらい、国際ラルシュに加盟しました。

1998年、国際ラルシュ正式メンバーとして認められました。


定款


事業計画

事業報告

平成28年度財務諸表等

平成27年度財務諸表等

現況報告(静岡市指定)

平成26年度財務諸表等


当事業所では、福祉サービスを安心して利用いただくために苦情相談窓口体制を整備しております。

「苦情申出窓口」の設置について

社会福祉法第82条の規定により、本事業所では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。

本事業所(保育所)における若情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることといたしましたので、お知らせいたします。

 多機能型まどい 苦情受付担当者: 林 佐知子(はやし さちこ)

            苦情解決責任者  :佐藤 啓(さとうけい)

かなのすまい 苦情受付担当者 :平石祐哉(ひらいしゆうや)

       苦情解決責任者 管理者 横井圭介(よこいけいすけ)

みなさまの苦情や要望をお聞かせください。 

ラルシュかなの家では、苦情解決取扱要項を整備し、それに沿って苦情の解決に取り組んでいます。

苦情解決の方法について

  第三者委員

寺澤 節雄(てらさわ せつお) でんわ054-296-7735

河内 園子(かわち そのこ)  でんわ054-260-5191

坂本 利枝(さかもと りえ)   でんわ054-270-1268


なお、こちらでも相談をお受けしています。

福祉サービス運営適正化委員会 054-653-0840     

受付時間 9:00~17:00 (静岡県社会福祉協議会内)       

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1-70 静岡県総合社会福祉会館内